忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[960]  [959]  [958]  [957]  [956]  [955]  [954]  [953]  [952]  [951]  [950

無題

なったばかりの何とか経産省大臣の失言、航空管制官のアメリカ大統領機や無人偵察機のルートなどの機密漏洩。みんな同根だと思いますね。
一つは、「己の欲せざるところ、人に施すことなかれ」という人間としての基本の欠如と、平和呆け、安全呆けですね。その重要さが多くの日本人には分からない。
大統領機の飛行ルートの漏洩なんて中国やロシアじゃ銃殺もんです。平和で66年来ると何が大事かという感覚能力が退化しているのだろう。平和を維持するということは本当は大変な緊張を常時維持しなくてはならないのに日本人はここまでダメになったかという感じですね。。国民の緊張の欠如と内紛で明け暮れる政権という状態が国家滅亡を持たらすというのは世界史の常識。日本が陸続きなら間違いなく外国の侵略を受ける。もちろん中国もロシアも虎視眈々と日本を狙っている。日本は隙だらけなんだから。日本再生には、日本人は国や更に多くの命を失うほどの悲劇をあじわなくてはならないのだろうか?
軍隊を持たない平和な国、ブータンは、ここ20年でもう20%の領土が中国に侵略(略奪)されている。そういう世界の現実を日本は知らなすぎる。自分には何も起きないと思っている。東日本大震災で津波が突然やって来て、気がついたら自分の家族も家も失っているのと同じように、気がついたら突然、沖縄は中国に、北海道はロシアに占領されていたということもあり得ないことではない。津波の代わりに戦車がやって来る。アメリカがいるじゃないか、日米安保があるじゃないかと人は言うが、アメリカが中国やロシアと裏取引をして、突然、日米安保条約破棄。翌日、中国とロシアの戦車が日本上陸ということもあり得るのです。世界の国は、より自分の利益になる方と手を結ぶのです。それが世界史です。本当に日本人は平和呆け、安全呆けですね。
ブータンの国土が中国の侵略で20%も失っているということに、日本人は、「それが事実ならば国連に訴えればいいじゃないか。訴えないということはそんな事実は無いのよ。テレビも何もそんなこと言っていないし。」と言う人がいる。私は呆れてため息が出てしまう。そこにアメリカによる戦後66年の日本人無能化政策の成功を見る。
ちなみにアメリカ大統領機の飛行ルートを漏らした管制官は、アメリカのCIAと日本の内閣情報調査室と警察の公安から徹底的に友人関係や家族や過去の思想経歴など調べられるだろう。そしてそれらは決して表に出ることはない。まあ、状況によっては、政府の情報操作の一環としてマスコミに、わざと一部がリークされることはあるかも知れないが。
それにしてもそういうブログを誰が見つけて、誰が関係機関に届けたのだろうか?管制官仲間が、これはまずいと言って告発したのだろうか?それともアメリカのCIAとかNSA(アメリカ国家安全保障局)が見つけて日本政府にクレームしたのだろうか?
ブログに載せたこの管制官は、おそらくは少なくとも2年程度は公安警察の尾行を受け続けることになるだろう。その後も時々は尾行されるだろう。そしてその結果がテロに超敏感になっているアメリカに報告される。そういう現実を日本国民は知らない。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne