忍者ブログ

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

国家民族の進化

私はテレビは見ないし、新聞も読まない。ネットで見るだけ。で、興味が無いのでネットでも詳しく調べないのでよくわからないが、体操界のパワハラ、柔道界のセクハラなどなどスポーツ界の不祥事の話題に事欠かない。今までそういうのは、うやむやにされたり、隠されたり、体質としてそんなもんだと納得したりの封建社会の継続された世界だったのだと思う。
私がいつも言うのは、スポーツは人間を作らないと。スポーツをしても人間性の向上にはならない。勝敗の世界だから、競争心、嫉妬心が助長されるだけ。
もちろんスポーツマンの中にも立派な人はいます。でもそういう人はスポーツをしていなくても立派に成長している人なんですよね。
どちらにしてもそういう問題が明るみに出る日本になったのは日本が一歩成長していることですね。日本は問題が表面化される度に一歩一歩小さいながらも改善され進化していると思う。結果、神経質過ぎる対策になったりするけど。
他にどこの国が進化しているのだろう?と考えた。アメリカもまだまだ問題を抱えながらも人種差別の解消に向かって進化していると思う。かつてテニスや水泳、ゴルフは黒人は出来なかった。白人のスポーツだったんですよね。
そう言えば、白人の貴族、エリートと言われていたスポーツで日本人が世界の試合で顔を出す前に黒人や他の有色人種が出たスポーツってあるかな~?
ゴルフなんかイギリスの貴族のスポーツを日本人が庶民のスポーツに引きずり下ろした。一時は日本の田舎のおっちゃんおばちゃんまでゴルフをするようになったもんね。イギリス人から見ると、「ゴルフはそんなスポーツじゃない!」と目を丸くして内心怒っていたんじゃないかな?そんなことも露知らずに日本人は無邪気にゴルフのテクニックの話に夢中になっていた。貴族の品格を庶民の趣味に落としてゴルフブームはとっくに去って行った。一度大衆レベルに落ちたものは貴族のみのスポーツには復活しない。サッカー、野球、ボクシングなんかは元々庶民のスポーツだからそういう範疇には入らない。
日本人は何でも外人がやっているのを見て面白そうだったら、自分たちでもやろうと真似をする。日本人の好奇心の強さは数千年の歴史の中に存在する。
朝鮮半島では日韓併合前の話だが、貴族階級の両班が外国の白人外交官がテニスをしているのを見て、「あんな汗を出すようなことは召使にやらせればいいではないか?」と言ったのは有名な逸話。

小説「二十四の瞳」2

昨夜中、読み終わった。隣の村の各家の貧しさや大変さをのぞき込むような感じで楽しくない。島の人間はこんなの読まない。ストーリーでなく現実だから。
小説は当然映画より描写が細かくて良く分かるが、この小説の大石先生のような、強いては著者の壷井栄のような見方を日本人は忘れてはいけないと思う。文庫本は380円で売られている。古い本はそんなに安くなっているんだな。映画はどこまで描写していたんだろう?映画もまた一度DVDで観てみるかな?
でも悲しいだけのストーリーだから楽しくないな。

平和主義

物事を見るのにどの視点から見ているのか?というのが人に話をしたり書いたりする時に大事ですね。従来の古典的西洋医学から見るのか、スピリチュアルリストから見ているのか、素人の世間常識からみているのか、雑学評論家から見ているのか、を明確にしないといけない。
天風先生を私の立場からのあるひとつの方向から見ると、天風先生を一言で言えば、「反戦右翼」ですね。それは私の立場と同じです。
平和主義という言葉がありますが、世界中、アメリカも中国も平和主義ですね。「自分たちの言うことに世界中が従えば世界は平和になるし、邪魔な民族は滅ぼせば我が国は平和になる。」という平和主義ですね。共産党は国家が軍隊を持つのを否定する平和主義ですね。共産党軍を持って国家を支配するために国家が軍隊を持つことを否定する。だから日本共産党は「平和憲法、憲法第九条を守れ!自衛隊は違憲だ!」と主張する。これ、日本共産党の平和主義。

本当の新日本人

大坂なおみ、凄いですね。大谷翔平も当然凄いですね。スポーツ界で活躍する日本人のレベルが10年単位で上がっているような気がします。初めはトルネード投法の野茂でしょうか?最近の若者の足がますます長くなってきているのと、姿勢が30年前と比べて本当に良くなっていますね。30年近く前は本当に酷かった。駅や町中で背中を曲げてへたり込んで座り込んでいる若者が多かった。日本の未来はいったいどうなるのか?と心配した。当時、ごく一部の幼稚園での立腰教育が話題になっていましたが、それが日本中に拡がったのではないかと推測しています。裾野が広がらないとトップの進化も無いんですよね。足が伸びて来たという面と姿勢が良くなってきたという二面が重なって新しい日本人を生んでいるのでしょう?
私、生まれる時代が早すぎた?


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne