忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[3778]  [3777]  [3776]  [3775]  [3774]  [3773]  [3772]  [3771]  [3770]  [3769]  [3768

休日暇な人に




数ヶ月に一度、営業活動という名目で訪ねてくる人がいる。昨日も昼頃電話があった。彼の電話の声を聞きながら、「また、何か問題が起きたのか?」と思った。無碍にも出来ないので、忙しいけど彼に会うことにした。
彼は私のことをメンター(師)と呼んでいる。いつも1時間半、人生アドバイスをしているようなものだけど、彼の思考はどうしていつも同じ所をぐるぐる回るのかな?どうして教わったことを次のことに応用しないのだろう?とこちらも疲れてくる。人はどうして思考パターン癖を越えられないのだろう?と思う。
親子で仕事をしている小さな会社と取り引きがある。いつも生意気な態度をしていた息子がこの春にひょんなことで突然、鬱になって仕事に出て来なくなった。私から見ると「何で、たかがそんなことで鬱なんかになるのか?」と言いたくなるレベルのことではあったのだけど。
その息子はこの9月から仕事に復帰してきた。
私が、「こんにちわー!」とドアを開けても、息子はまったくこちらにふり向きもしないで、こちらの声が何も聞こえないがごとく、ボソッボソッと仕事をしていた。
今月の初めに、ドアを開けて、「こんにちわー!」とまた訪ねたら、こちらを見ないで、ポツリと小さな声で「コンニチワ」と返してきた。
父親が、「エッ!」という顔を一瞬した。「息子が人に返事をした!」と一瞬の驚きの顔だった。私は父親のその一瞬の顔を見逃さない。
今日、また「こんにちわー!」と訪ねたら、息子はちょっとだけこちらを見て、「こんにちわ」と返してきた。息子も努力しているんだよね。
返事をして人の顔を見るだけでも、今の彼にとっては勇気のいることなんだろうと思うけど、私の「こんにちわー!」という声が彼に勇気を引き出しているのかも知れないとも思う。私はそういうことを意識して、明るく陽気に声を出して何も気にしていないという態度を取っている。親子して陰の気しかないところに私は意識して陽の気を出している。「何だ?この息子は?」というような思考をすると私から陰の気が出るから、明るく、そして何も気にしないという態度を取っている。そうすると私から陽の気が出ることになる。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne