忍者ブログ

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
22 23 24
25 26 27 28

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

10年後のために、

前にも書いたことありますが、10年先の自分を見据えて今の食事と運動を考慮しなくてはむならない。天風教義をアレンジした朝の自己流運動を一日休むと一日中身体がだるいというか身体の重さを感じる。足腰を十分意識して運動しておかないと10年先には足腰が弱るということが実感として予測できる年齢になったのが残念だな。何年か前まではそんなこと考えもしなかったけど。
そういう意味でも天風教義は立派な内容だと思うな。身体ひとつとっても続ける人とそうでない人の差は大きい。1年で違いが生まれる。別な見方をすると違いが出るのに1年かかる。ただし、安定打坐やクンバハカは1年では違いが生まれない。違いが出るのに5年、10年かかる。
PR

成功の実現

私はテレビは持っていないので見ていませんが、人から紹介されたものです。
クリック→→成功の実現
この動画は始めて見ましたね。本当にこのスピードなんだろうか?録画フィルムの回転スピードの違いなんだろうか?剣の達人だったからこんなスピードになるのかな?私は何とも言えないですね。
録音テープでは回転数の違いで声が早くなっているのが結構あるよね。
今日も、成功の実現を含めた三部作をボロボロになるまで読み込んでいて、やっと会員になったという人がいたね。私はそこまで本を読み込んでいないな。
大学受験で「英語の基礎」という参考書があって、あるクラスメイトは、「50回読まないと読んだと言えない。」と言っていたのを覚えている。私は、「3回読んだ」と言ったら、「何も読んでいないのに等しい。」と言われた。彼は受験日までに百回読むと言っていた。「成功の実現」を30回50回読んだ人はたまにいるね。
三部作の後は、「真人生の探求」が基本だな。私はそれも三回ぐらいしか読んでいない。私は天風会の劣等生だな?

足の踏みつけ運動の進化のお陰?

概ね1年前にハンドルを90゜ぐらい曲げた状態で自転車から飛び降りて、足の根元、股関節を痛めた。普通に歩く時は何も問題は無かったが、自転車から降りた時に痛みを感じていた。当然、走る時も痛みを感じていた。若い時なら身体をひねって自転車から飛び降りても股関節を痛めるようなことはなかったが、歳を取って関節の油が切れていたんだろうな?
昨年の10月から足の踏みつけ運動にねじりを入れるようにして滞空時間を長くするようにしている。最近、自転車を降りる時にも股関節の痛みを感じなくなっていることに気づいた。ねじりにも効く筋肉が出来て関節を筋肉で支えることが出来てきているんだろうな?まあ、何事も無駄ではないということではあるけど、関節は痛めないことに越したことはない。
正直、股関節の痛みがなかなか消えなかったので、「今は大した痛みではないけど、これを放っておけば10年後、股関節の大きな問題になるだろう。」と考えて足の踏みつけ運動に工夫を加えた。天風教義を習った通りに毎日、ワン・パターンでするだけでも大したものだと思うけれど、意味を考えて必要に応じて発展的変化をさせないと、と思うな。それは安定打坐やクンバハカにも言えることだけど、「基本形から応用編」に進化しないとだな。歳を取る10年前から工夫して準備しておかないと。今迄通りに、だけでは10年後の自分を支えられない。
注意:天風会が指導する足の踏みつけ運動のリズムで足のひねりを入れると足の関節を悪くすると思うよ。

何かが足りない?

ある人に明らかに若年性何とかの傾向か、脳梗塞の前兆が見受けられるので、私は人に嫌われることは気にしないので、遠慮せずにズバッと聞いた。
「○○さん、最近何か身体の悪いところあります?」
「いや、別に何も悪いところはありませんよ。ずーっと健康です。」
「そうですか?身体の動きが鈍くなっていますね?」
「歳のせいかも知れません。」
確か、彼は私より一つか二つ下だったと思うけど、ボーッとしてゆっくりな動きになっていて、以前のような切れがない。惚けの始まりに見える。
毎日、呼吸操練や統一式運動法、安定打坐を実践していてもそれぞれの運命には勝てないのかな?それとも天風教義の実践に何かが足りないのかな?
前にも書いたことあると思うけど、まじめであることは必要だけど、まじめなだけではダメなんだよな~?自分で、あ~だこ~だ工夫してその微妙な違いを認識して進化しないと会得出来ない。
天風教義というのは総合力として大した内容だと思うのだけれど、ピンポイントで考えた場合にどうなんだろう?例えば、惚け防止、鬱を治す、腰痛を治す、ガンを治す、仕事運を良くする、というようにまずはピンポイントで多くの人は希望するよね。ピンポイントで人々のニーズに応えられるかどうか?「腰痛を治すのにそんなにたくさんのことを実践しないといけないなんて面倒だ。腰痛に瞑想?そんなの関係ない!」ということになりかねない?鬱病の人の瞑想は注意しないといけない。余程の指導者がいない限りむしろしない方が良いかも知れない。まあ、腰痛に関しては天風教義は予防にはなると思うけど治せないと思うな。

姿勢の修正

たくさんの理屈を一時(いっとき)に聞いても記憶に残らない。ひとつひとつはその通りだとは思ってもそういう話は身に付かないね。本を読んで考えて、それをまとめたというまじめさは認めるけど、それでは会員は増えない。一時の話では理屈はひとつにしないといけないな。それに身体から滲み出る話でないとな。
姿勢の大切さも多くの人には、なかなか理解されない。一時修正してあげてもすぐに元に戻る。安定打坐の意味が会得でないと姿勢の修正には行き着かないだろうな?「目を回転する時に顔は動かさないように」と言っても顔を動かしている人はいつまで経っても修正しない。一人一人指導修正しないといけないんだろうな?なぜなら人は自分が見えないから。人から顔を動かしているように見えても本人は動かしていないつもりがあるのだろうから。
運動法でも、「身体を起こして一度正面を見て、姿勢のリセットをして次の動作に入るように」といつも教わっているのに顔を正面に向けないで下を向いたまま次の動作に入っている人も結構いる。それだけでも会得できないのだから、何年も会員でいてもクンバハカとか安定打坐の会得にはほど遠い。それでも一般の人に比べれば姿勢などはかなり良いのかも知れないが?


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne