忍者ブログ

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

(07/17)
(07/16)
(07/15)
(07/15)
(07/14)

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

家族制度の破壊

親の遺産相続で、子供はみんな同じ権利を有するということに今のほとんどの日本人は当然だと思っている。子供たちは成長して核家族として分散し、高い相続税と複数の子供たちに同等に遺産を相続させれば資産家は三代でただの庶民に落ちる。
家を大事にしないことは家への誇りを無くしていくことになり、国や社会への誇りも無くしていくことになる。日本の兵隊が強かったのは家族関係が強かったからとアメリカは分析して、日本を根本から弱体化させるには家族制度を悪平等に持っていくのが最善とGHQは判断した。その結果、遺産相続で兄弟関係が壊れているケースはたくさんある。
権利は義務と貢献の割合に比例するという概念が日本人から消えている。日本は選挙権も獲得したものでなく、与えられたものだしね。相続などの権利では、最低限の権利は保証されても、その上は貢献度に比例しても良いと思うが。
PR

死生観

男と女では死生観が違う。このことは女の側からは理解できないようだ。男でもただ生きて来ているだけで何も全力で挑戦してこなかった人は死を怖がる傾向があるようだ。自分の力を出し切った人は潔さがある。
日本人の男は、かつては生き様や死に様に対して美学を重んじていた。しかし今は金と長生きに価値を見出している。そのために戦前までは国内の内紛はあったが、国を売る国賊はいなかった。戦後、なぜか与党も野党も国を売る売国奴だらけになったのはどうしてだろう?戦後、価値観が美から金と長生きに移ったからかな?そういえば、明治、大正と権力と金(賄賂)に執着して長生きした山縣有朋の子孫はどうなっているのだろう?
ネットで調べると、「有朋は湯玉の庄屋の娘山口友子と結婚し、友子との間に7人の子を授かるも、女児1人を除いて亡くなっています。養子を迎えるも山縣姓を名乗る有朋の直接の子孫は現在残っていません。」とありますね。まあ、私の家も私の代で御家断絶だから人のこと言えないけど。
家を継ぐという価値観は東洋と西洋の貴族だけなのかな?家を継ぐということに価値観を持っていないのは農奴や奴隷の階級の流れなのかな?
アメリカは国際的資本家の植民地だと思うので、庶民に対して家(を継ぐ)というところに価値を見出さない教育(洗脳)をしてきたのかな?
支配者である資本家は、彼らの子弟には家を大事にする教育をしていると思うな。植民地に必要なのは労働者(肉体労働者だけでなく、ITのような知能労働者も含む)だけ。労働者に家という価値観(誇り)があると、誇りのために独立、自立運動、すなわち支配者から見ると反逆行為が起きて来る可能性があるから、徹底的に家族関係を壊す教育と法律を作る。戦後の日本の家族制度の徹底的な破壊もその一環だったが、ほとんどの日本人はそれに気づいていない。

夏風邪

夜、寝室のエアコンをかけたままで寝て夏風邪を引いている人がままいる。どうしていい歳こいてそういうことするかな~?と思う。私は今まで寝室にエアコンを設置したことが無い。どうしても暑い時は居間のエアコンを点けて、その流れ風が寝室に緩やかに回って入るようにしている。エアコンの風が直接身体に当たらないようにしている。それぐらい自分の身体に注意しろよ!と言いたい。
窓も寝る時は寝室のは開けない。開けていると朝の3時、4時ごろに急激に冷えて来るからね。窓を開ける場合も居間の窓を少し開けて寝る。歳と共に冷たい風には気を付けないとね。

ボランティア

この暑い中で水害被災地に入っているボランティアは偉いと思うな。若者に頭が下がる。大学の夏休みを利用している学生も多いだろうし、三連休の休みで行っている若いサラリーマンもいるかも知れない。自分たちの食事、トイレ、寝床も探すのが大変だ。前にも書いたことあるけど、欧米のボランティアと日本のボランティアでは精神が違うと思う。

宇宙は命のエネルギー?

人間は宇宙に関して、根本的に勘違いをしているのではないか?と考え始めていた。大抵の人間の思考は、目で見えるもの、科学の測定器で測れるものしか認識できない。「宇宙は、なぜ生命(命)を生んだんだろう?」と考えると、命は物理数学的、または偶然の積み重ねによる確率論では有り得ない現象です。
で、考えた。今の科学では認識出来ない生命エネルギー宇宙の方が物理宇宙より本質ではないか?と。そんなことを考えていると、今月の「ムー」という雑誌に「宇宙は生命体である」と表紙のタイトルにあった。共時性かな?まだそれを読んでいないけど。
昔、「宇宙は生命体である」というタイトルの本はあった。それは読んだことがある。何事も相似形なので、宇宙は大きな生命体という見方は昔からある。
ほとんどの人は感覚的に理解できないけど、地球は一つの生命体であるというガイア理論もありますね。
宇宙は生命エネルギーに満ちているというのが私の新説ですね。
エネルギーとは何なのか?という疑問に答えはどこにも無い。物理学の方程式は、いろいろあるけれど、それは等価の方程式であって、エネルギーそのものの定義ではない。科学は現象の変化の法則を観ようとするものであって、存在自体を問うのは今のところ宗教ですね。だから宗教そのものが悪いわけではない。悪用、乱用や勘違い、取り違いが悪いのです。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne