忍者ブログ

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

逃げる難しさ

1時間50ミリの雨は体験しているけど、凄かった。それが倍の100ミリは想像が付かない。夜中に大雨で避難勧告が出ても、暗い大雨の中を逃げるのはもっと危険だよね。家に留まっていても危険。運命に任せるしかないよね。又は明るいうちに自主避難をしておく判断力が求められる。自主判断力が日本人には欠けているよね。日本人は、人(役所)に言われなければ動けない性質がある。
それに役所は国も地方も後手後手の判断しか出来ない。判断の責任を誰も取れないので、あ~だ、こ~だと議論しているうちに時間が過ぎる。でも決まってしまった後の現場の動きは日本は立派だ。日本は現場で持っている。自衛隊も消防も立派だよね。頭が下がる。
雨が多い時、裏山が崩れる可能性があるかどうかは普段から注意深く観察しておかないといけない。人間が住んではいけない場所に家が建っている。人口が多過ぎるんだな。安全に暮らすには半分の6~7千万位でちょうどいい?明治初期は3千万だった。
PR

小豆島の産業

小豆島のみならず観光地は売り上げが激減している。佃煮なんかもOEM(相手先ブランド)でかなり出していたのが激減しているらしい。すなわち観光業だけでなくいろんな分野の産業がダウンしているとのこと。そら~、何もかも人の動きが止まったのだから消費も不要不急のものは大きく減少しているよね。
しかしOEMで小豆島の佃煮なんかが出されているとは知らなかった。どっかの観光地やどっかの名産で同じようなものがあれば、それは小豆島産の可能性もあるね。

思考回路

恐れる人は、何があっても何時も恐れている。これは恐れて、これは恐れないということはない。頭の中の回路が、どんな無色の初期条件データを入れても常に恐れるという終着駅に着くようになっている。楽観主義の人は逆に何を入れても楽観という結論にたどり着く。
自分の人生は不幸だったと思うと、不幸だった記憶がどんどん思い出されて来る。不幸の記憶と幸せな記憶が交互に甦ることはない。幸せだったと思うと幸せだったと思える記憶だけが蘇ってくる。不思議だな。思考癖を自分で意識的に作るのが大事だな。
特に今回の新型コロナは一人ひとりの思考癖を明確にあぶり出しているな。

人は自分で思考しているのでなく、頭の中にプラス思考回路とマイナス思考回路があり、いつもマイナス思考回路を選択してデータを流しているといつもマイナス思考になる。そしてプラス思考回路が錆びついて動かなくなってしまう。
今、自分は考えるのにどっちの回路にデータ(事象)を流しているのか?客観的に観察する必要があるな。スポンジに水を流すと水が流れる道と流れない道が出来て水の流れが決まってしまう。肺も同じですね。普段使っている肺胞と使っていない肺胞に流れが固定している。使っていない気管と肺胞から肺がんになったりする。肺に均一に全域に活性的に空気が流れるようにするのが呼吸操練ですね。思考を自分で意識的にプラス思考回路側にスイッチを切り替えるのが、観念要素の更改だったり積極思考ですね。宇宙は何でも相似形です。
ついでに書くと、ほとんどの人の脳では働いていないけど、他に獣回路、神回路もあります。すべての人の中にそれら4回路が同時に入っているのです。
問題はどの回路にスイッチをパチンと傾けるかですね。それは各個人に任されているということですが、毎日の思考癖は一つのスイッチを押したままにして、他のスイッチに気づかないということですね。獣は腹が減っていない時は他を襲いませんので、獣スイッチというのは獣に失礼かな~?悪魔回路にしておこう。

本の紹介

一昨日だったかな?たまたま「人生をいじくり回してはいけない」水木しげる著 ちくま文庫を買った。タイトルが面白かったから。こんな本買うの久しぶりだな。
興味があれば立ち読みで、p122~129を読んでみてください。
他にも面白いページはありますが、それぞれ抜き読みすればいいと思います。

半生そうめん

数日前、新橋の香川・愛媛県のアンテナショップで、「半生そうめん」というのを買ってきた。美味いね。普通のそうめんと違う舌感覚。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne