忍者ブログ

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
22 23 24
25 26 27 28

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

仮説?それとも真実?

子供には親を肯定したり尊敬する子供と親を全否定する子供がいる。台湾と朝鮮半島はその違いかも知れませんね?親を全否定することで、「自分は偉いんだ!」と人に認められようとする子供がいる。でもそれは逆効果なんだけどね。
台湾が日本だった時代は50年、朝鮮半島が日本だった時代は35年(36年という人もいる。)朝鮮半島の不幸は日本だった時代が35年しか無かったこと。
もしその倍の70年だったら今のような国にはなっていなかったかも知れない?
35年ということは概ね一世代だよね。一世代だけでは民族体質は変われないということですね。日帝時代に教育を受けた人がほとんどいなくなって、今は先祖帰りをしている状態ですね。
PR

ユートピア?

今日、小豆島に移住した人達の話が載っている本を買った。その中に、「小豆島では冬に採れる作物の種類が一番多く、かつ一番美味しい」と。
これって?島の人間には気づけないよね。当たり前すぎて。
「えっ?これって、世界の中で凄いことかも?四季それぞれに違った作物が出来て、なおかつ冬が一番種類が多くて美味しいなんて、世界にどれくらいあるのだろうか?一年中夏の国もあるけど、そこでは一年中同じものが出来て同じ味なんだよね。または冬に作物が出来ない国は多いよね。小豆島は自給自足の出来る島と書いている移住者もいる。一年中野菜や果物が採れて、海ではいつでも魚がいて子供でも捕れる。沖縄だって一年中いろんなものが採れるけど、春夏秋冬のメリハリがあまり無いよね。高知県だって宮崎県だって同じじゃないか?という見方をする人もいるだろうけど、確かにそういう面はあるけど、こじんまりと全部出来る場所は少ない。窓を開けると前に海があって、後ろには山があって、その間に畑があって、今日は海に行こうか?山に行こうか?と選択できる場所は少ないと思うな。地中海だって同じ環境という見方も出来るけど、ほとんど禿げ山でオリーブの木ぐらいしかない。作物の種類が少ないよね。昨年6月にミュンヘンの畑も見たけれど夏でも作物の種類は少なかった。

モーニング

サンフランシスコの韓国系アメリカ人経営の小さなサンドイッチ屋のモーニングが懐かしい。新鮮な卵と野菜で余計な味を付けていないサンドウィッチ。
卵もほんの少しの味付けだけ。土曜の午前は駅構内の喫茶店でモーニングを食べるがマーガリンはもう口に合わない。どちらかというと気持ち悪い。卵もコストを低くするために余計なものが入っている。何となく美味しいモーニングが食べたい気持ちが消えない。しかし今のところ日本で美味しいモーニングの店は知らない。
美味しい店は二通りあるな。「また行きたい」と「また行っても良い」だな。
サンフランシスコで初日に連れて行って貰った海鮮料理の店は美味しかったけれど、「また行っても良い」ぐらいの感じだな。
「また行きたい。」は、懲り過ぎていないシンプルな味付けの店だな。
チェーン店の味はダメだな。食べ物は作っている人の心が入るな。コンビニやスーパーのものでも分かる。アメリカのスーパーのサンドウィッチに比べれば日本のコンビニのは作っている人のまじめさが伝わってくる。アメリカのスーパーの食品には労働者の心が入っていない。労働の義務で流れ作業の作業をしているだけ。ミュンヘンで入った和食の店で一口食べて、「ここの料理人であるオーナーは武道をやっているな?」と分かった。後から見たらオーナーはそんな風情があった。味からそんなことも分かる。


貨物が届いたが、

サンフランシスコからの貨物が届いた。各レーザーに電気を通してみた。
アッラー!赤と緑が壊れていた。会場での再梱包時に静電気で壊れたかな?
これで、ウン十万円がパー!
展示会場は埃だらけだから、埃に静電気が付いている。展示会から戻って見るとレーザーが死んでいたケースはままある。一番大事なオレンジ色レーザーは死んでいなかった。出発前にバタバタ、ギリギリ完成したものなので、じっくりテストしていなかった。落ち着いていろいろテストしてみた。う~ん、もうひとつだな。これで納得!というレベルまでは、ほんとに道程は長いな~!
この歳までもこんなに苦労する予定ではなかったのにな~?
30年前の予定では今頃悠々自適の勉強三昧のつもりだったのだけれど?
今読んでいる本によると、「金持ちで幸せな人は一人もいない」とのこと。
私は金が無いこと以外では、仕事が楽しくて健康でいろいろ勉強できて良い状態だと思うな。金があると緊張感が無くて、良い仕事は出来ないかもね?せっぱ詰まって始めて知恵が出てくるもんね。たった一人の会社で、アメリカで3回、ドイツで1回、世界最大規模の展示会に出展した人間なんていない。
ちなみにミュンヘンの時は、レーザー駆動電源が2台壊れた。これは運送業者の取り扱いの荒さからくるものだった。「どうしたらこんなにへっこむの?」という感じだった。ドイツの扱いは荒い!



こんなのありましたが?


なんか、”むか~し”の故郷(ふるさと)を感じますね。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne