忍者ブログ

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

こんなのありましたが、

これは子供タレントを使ったやらせ授業だと思うな。

でもそれが分かった上でも一度、見る価値はあるかも?
日本は不思議な国だな。

外国では大金持ちになった金持ちが贖罪の気持ち(神様に天国行きの切符を貰いたくて)で学校を寄付する。
PR

勉強会終了

本日の日向ぼっこ村勉強会が終わりました。結局、話が多岐にわたり4時までジョナサンにいました。勉強会では、心の持ち方が如何に肉体に影響を与えるかの実証テストもしました。その中で、コロナを恐れると如何に身体の活力が、強いては免疫力が落ちるかの実験もしました。
何事も教わった知識(理屈)をオームのように言葉で繰り返しをするのではなく、それを形にして目の前で実証することが大事です。
日向ぼっこ村勉強会は、本に書かれている知識や誰かが話した言葉ではなく体験的実証を大事にしています。本に書かれていることは共通の知識として知っていることが前提で、その先の話が日向ぼっこ村の勉強会になります。
7月の日にちは決まっていないけれど、次の勉強会では「力の誦句」と「言葉の誦句」をテーマにするかな?私は従来の講師が話をするような話はしません。

背後の世界

「見えないものを見る力」がないとあべまりあさんの歌は分からないのかもね?見えるものだけの比較、耳で聞こえるだけの比較は世界を矮小化しているね。背後の広い世界が見えないと、せっかくこの世に人間として生まれて勿体ない。
魂(いのち)と対峙する時は真剣勝負でないと。山田務名先生に教わる時は万難を排して神戸まで行っていた。一言も聞き洩らさないように聴いていた。
1レッスン1レッスン、一言一言が天風教義を伝える遺言として語られていた。
「背後の世界を見ろ!聴け!」と言っても出来る訳ではないのだろう。命をかけた経験が無いと。死(臨死)の経験が無いと。
「晴れて良し曇りてもよし、富士の山」という言葉があるけど、理解の程度は人によって違ってくると思いますね。普通の人には普通にしか解釈できないし、みんなそれぞれ自分の解釈が正しいと思っている。もちろん解釈だから、どれも間違いというのは無いが。横山大観が、「天風先生が描く富士山の絵には敵わない、」と言っていたそうだから、横山大観の富士山の絵を心眼で観えないと、その先にある天風先生の絵は観えないということですよね。

再度の勉強会の案内です。

日向ぼっこ村・音羽アカデミー勉強会
06/28(日)9:15~20に音羽アカデミー二階美術室集合、
9:30より雨でなければ護国寺音羽幼稚園横の駐車場で室外行修、
10:00頃より室内行修(雨の日は9:30から室内)
12時に終わり、後始末。
希望者はジョナサンで食事会です。混んでいる時はロイヤルホストに移動。
今回は特にひとつのテーマに集中しません。一般的な日曜行修会を辿るかな?でも、「究極の呼吸法」をみんなでひも解くかな?

人生、何が価値があるか分からない。

「完全呼吸法」の111Pに、「家を建てる者たちによって役に立たないと判断して捨てられていた石が、神殿を支える要の石になった。」とある。面白いね。
人生とか運命はそういうものかも知れない。知識を語る人、イデオロギーを語る人、体験を語る人、会得を語る人、いろんな段階の人がいます。50、60過ぎて知識を語る人はどうかな~?せめて会得を語れる人にならないと、と思うな。
真理を語る場合、知識で語る人と会得して語る人の差は天と地ほど大きいね。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne