忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[3646]  [3645]  [3644]  [3643]  [3642]  [3641]  [3640]  [3639]  [3638]  [3637]  [3636

忍の一字

日本政府が韓国に弱気で国民としては腹が立つことはいろいろあるが、実際は日中軍事紛争が起きた時に韓国が中国と連動して悪さ(陽動作戦や攪乱工作)をしないようにとのことですね。ロシアとの北方領土問題が解決しないでも平和条約を結ぼうとするのも同じ意味ですね。
安部さんは近々日中武力衝突が起こりうることを想定しているということです。
日中武力衝突が起きた時に自衛隊が前面のみに集中できるようにと我慢我慢忍耐忍耐の対韓国対策です。韓国はそれを利用しているのです。世界中の半島国家のしたたかさですね。朝鮮半島が統一されたら反日統一国家になるわけです。日本にとって危険極まりない存在になるわけです。核も持っているし。
NHK、朝日新聞、週刊誌だけを信じる団塊の世代や年金生活者には見えない世界ですね。年金を貰い始めたら投票権は1/2にしないと本当に国が滅びるかも?テレビは見ない、新聞は取らない若い世代の意志が通るようにしないと。
日中武力紛争が尖閣で起きた場合に日本は超法規的的措置として武力行使を行うだろう。その後に内閣は責任を取って総辞職・衆議院解散となる。
その手はたった1回しか使えない。日本の危機に際して憲法を破っても罰則規定は無い。国民が選挙でそれを認めるかどうかを結果判断することになる。
左翼が憲法違反および殺人罪でたくさんの裁判を起こすことになるだろう。最高裁でその結論が出るまでに20年はかかるだろう。裁判官も国民や国を守るために戦った自衛隊員を裁くことはしたくない。その間に憲法改正になるだろう。
しかし大きくは変えることにはならないだろう。国家の安全に対して緊急事態に対処できる最低限の憲法改正になるのではないかと思うな。
まあ、私は憲法は改正するのではなく、新憲法を作るべきだと思うのだが、残念ながら日本国民はそういう判断をしないだろう。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne