忍者ブログ

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[678]  [677]  [676]  [675]  [674]  [673]  [672]  [671]  [670]  [669]  [668

中国のデモ3

マスコミもやっと「中国のデモはやらせ」と書き始めましたね。遅すぎるというか、そういうことも中国側からの情報操作に乗せられているんですね。
日本のマスコミは、中国のインターネットにこれこれしかじかの書き込みがあるとか増えているとかをしばしば言いますし書きます。これ、何か変だと思いませんか?日本のインターネットにこんなことが書かれているなんて一言も問題にしません。またアメリカを含めて他の国のインターネットに書かれている情報も問題にしません。中国だけを問題にします。中国の反日インターネット情報の初めのほとんどは海南島かその近くにある、二千人とも三千人とも言われている中国解放軍情報戦部隊、すなわちハッカー部隊による書き込みなんですね。それを中国の誰かが日本のマスコミに、「中国人の一般の人は日本に対してこんなに怒った書き込みをしている」と漏らすというか脅すんですね。それに日本のマスコミは自分で情報を収集したり、その元を確認することが出来る能力が無いので言われたまま記事にするんです。もちろん中国情報戦部隊が書き込みをして、その後、欲求不満の若者がそれに影響されてストレス解消のために過激な文章を書き込んでいくのです。インターネットにおける群集心理というやつですね。それは日本も同じですね。
インターネットにいろいろ書き込むのも情報戦のひとつなんです。それを見て問題にしてくれないと意味がないので、中国の誰かが日本のマスコミに、こんな書き込みがあると言うわけです。それをマスコミが発表して日本国民が、「そうなんだ」と思えば中国側の情報戦の勝利ということですね。問題にしないということがこういう場合の情報戦の勝利なんですけどね~。日本は情報戦にも完敗している。
それと今回発生しているデモの場所は尖閣諸島とは関係のない内陸部ですよね。それも中国の北京、上海を囲む大きな円弧状の上にある町ですね。この形に意味があるんです。まるで中央に対する軍事的圧力をもたらす形ですね。このデモは軍部(解放軍)の政府に対する影響力をより高めようとする動きですね。これから起きる中央政府人事に対する圧力ですね。デモの町の位置からそういう意味もくみ取れるのです。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne