忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[2281]  [2280]  [2279]  [2278]  [2277]  [2276]  [2275]  [2274]  [2273]  [2271]  [2270

信じ難い話し

昨日、電車の中で立ってリュックを片手に持って(持ちづらそうに持っていた)、もう片方で本を読んでいたら、20代後半の人が席を譲ってくれた。「はあ~?」と思ったけど、「ありがとう」と言って素直に坐った。昨年の夏に大阪で小学生の女の子が席を譲ってくれたけど、これで二度目だな。心の中で、「くっそ~!」と思うけれど、親切は笑顔で素直に受けるのがマナーだもんな。「ありがとう」と言って坐った。
今日、地球交響曲第七番を1時半から浦和で観てきた。観客は60人ぐらいだったかな?せっかくのこういう映画の上映なのに勿体ないなと思ったな。それも無料だったし。「地球交響曲?そんなの知らないな。知らないから行かない」という判断なのかな?知らないからまず見に行けばいいのにと私なんかは思うけど。
上映中に携帯が鳴って携帯を話すおじいさんもいたな。信じ難いな。若者より中高年の方が人間の質が悪いな。他にも携帯が鳴った人がいたな。どうしてマナーモードにしたり、スイッチを切っておかないのだろう?昼の食事にアルコールが入ったせいか、まま寝ている人もいたな。まあ、それは仕方がないな。
今日、ひとりの人を観察した。「この人、苦労してきた人だな。生まれもきっと貧しいな。でもよくひねくれずにここまで来て、世のため、人のためによくやれるな」と感心しながら見ていた。その人のおじいさんが人間的に立派な人だったんだろうか?もちろん私のその観察が正しいかどうかは分からないが、人に聞くとやはりその人は苦労したというような話しだったな。


PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne