忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[3525]  [3524]  [3523]  [3522]  [3521]  [3520]  [3519]  [3518]  [3517]  [3516]  [3515

宗教とは?

「天風会は宗教ではない」と言われます。「天風教義は宗教」だと言う人もいます。「天風教義は宗教的要素をすべて持っている」と表現する人もいます。
「宗教とは何か?」という定義をしないで宗教か、宗教でないか、を議論しても意味が無い。少なくても宗教団体では無いことは当然の理屈です。何故なら財団法人として登録しているので、宗教法人ではないからですね。そういう狭義の定義においては天風会および天風教義は当然のごとく宗教では無い。
最近の私の悟りとして、「自由が宗教」というのがあります。
「はあ~?何、それ?」だよね。
世間の宗教団体では教義があり、あれをしてはいけない、これをしてはいけないという戒律があります。それぞれの教えの戒律に従うのが信者ですよね。
(実際においてそれぞれの宗教の戒律に従っている教徒は少ないけどね。)
「戒律に従って理屈による自己規制って、本当の宗教かな~?」という疑問が私にはありますね。
心の中で何故か無意味に突然に晴れ晴れとして自由を感じる時が人間にはまれに持つことがあります。その心の自由は奴隷も持つことが有りうりますね。
肉体は不自由だけど心は自由という状態。
その心の状態が本当の宗教じゃなかろうか?というのが私の仮説。
ただその自由を会得するには不自由を経験しないといけない。
不自由の中に本当の自由があると言われる所以かもね。
自由を会得するために人工的に作った不自由な環境が宗教団体かもね?
そういう意味では宗教団体は宗教ではない。
ほとんどの人は心が自由じゃないよね。いろんなことに囚われているから。
教えに囚われているのも心の不自由だよね。
学んだことを忘れて始めて学びは身につく。
今日の話は難しかったかもね?こんな考えは宗教家からは全否定されるだろうな?まあ、私の仮説だから。
4年半前に銅鏡、銅鐸は測量器具だったとブログに書きましたが、昨年からそれを言っている論文が出始めていますね。時代が私に近づいて来た?
「本当の宗教とは心の自由を会得することである。」という定義を10年後ぐらいに誰か言い始めるかもね?
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne