忍者ブログ

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[4816]  [4815]  [4814]  [4813]  [4812]  [4811]  [4810]  [4809]  [4808]  [4807]  [4806

筋肉の働き

先週木曜だったかな?池袋で道路上の植木にぶつかっている目の見えない30ぐらいの男の人を助けた。二の腕という場所かな?そこを柔らかく掴んで、「どこに行くの?池袋駅?」と尋ねた。路上の黄色の盲人用の路上誘導タイルというのかな?そこまで誘導して、「この道に沿って真っすぐだから」と言って別れた。
まま、そんなことはどうでもいいのだけれど、何か月か前に30ぐらいの美人を誘導したことは書いた。その時にビックリしたのは、その女性の二の腕の柔らかさだった。「えっ?この柔らかさは何?」だった。それから武蔵浦和駅で目の見えないお爺さんを助けたことも書いたが、その時も二の腕の柔らかさに驚いた。
前者は女性で、後者はお爺さんなのでそんなもんかな?と思っていたけれど、先週の30代らしい男も二の腕が柔らかった。
考えるに、目の見えない人は重いものを持つことは無いので筋肉が出来ない面はあるかも知れないけど、筋肉が働いていると杖から伝わって来る微妙な感覚が得られないのではなかろうかと?どこかの筋肉が働いているとクンバハカにはならないと常に私は言っているのだけれど、何であれ、微妙な感覚を掴むには筋肉の働きは邪魔なんだよね。筋肉の力を抜いた状態でバランスを維持するには正しい姿勢でないと出来ない。力が働いていると微妙な感覚を認識することが出来ないということだよね。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne