忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1769]  [1768]  [1767]  [1766]  [1765]  [1764]  [1763]  [1762]  [1761]  [1760]  [1759

ひとつを立てれば、ひとつが立たない

フィリピンと中国で南沙諸島の領土権でもめています。なぜか?フィリピンが米軍をフィリピンから追い出したからですね。フィリピンに米海軍が常駐していればそんな問題は起きなかった。当時のフィリピンでの反米感情は理解できるが、地政学的な見地は、また別問題ですね。フィリピンが米軍を追い出したら中国がフィリピンの領土(島)を奪い取りに来るのは、地政学が少し分かる人間なら見えていた。私でさえ見えていた。フィリピンが米軍を追いだした時に、「あ~あ」と思ったものです。フィリピンの中に反米感情を煽る親中派のスパイ組織があったのでしょう。米兵の犯罪に対してフィリピンに裁判権が無かったので、米兵がレイプしたり交通事故を起こしたり殺人したりしてもフィリピン警察は何も出来なかった。アメリカから見れば当然の権利なんですけど、現地の人間からすれば頭に来るのも当然ですね。日本も同じ問題を抱えていますね。
米も沖縄嘉納屋基地から南側の基地返還に合意したけれど、これからいろいろ起きるかも知れない万一の時に基地が分散していると米軍属(家族など)を米本土にすばやく退避させるのが難しいからですね。もちろん現状ほどの基地は沖縄に必要ないというのは事実ですが。経費節減と自分自身(米軍)の安全のために基地縮小集約化は当然の流れと共に、中国や北朝鮮のミサイルと直接対峙する場所には安全上、基地を置かないというのもありますね。北海道に米軍基地はありませんね。なぜなら米ソ冷戦時代に、北海道はソビエト軍が上陸してくる可能性のある直接的脅威のある場所だったからですね。NHKを始め日本のほとんどのマスコミは左翼だからそういうことは書かない。
中国は海洋強国になることを国是にしたわけですけど、それは西太平洋とインド洋を自分の主権の領域とするということですが、このまま中国が維持された場合に、日本がチベットや内モンゴルになりうるということでもあります。
ただおそらく大陸国家である中国は海洋強国になる目論見は破綻する。島国日本が大陸国家(満州・朝鮮半島)になれなかったように。ロシアやソビエトがいくら軍艦を造っても海の主権は持てなかったのもロシアが大陸国家だからですね。アメリカはイギリスの流れを汲む海洋国家です。だから大陸経営(管理)はうまくいかない。日本もアメリカも海洋国家だからアメリカによる日本管理は成功した。
あ~あ、クンバハカがどうのこうの、瞑想がどうした、祈りが何々と言う人間がこんなことも書くのは不思議だな。でも、こういうことのほうが私は詳しいのです。それでいてエンジニアであり、サイエンティストの端くれですからね。まあ、端くれと言っても、”落ちこぼれ”ですが。
これはベトナムの話しですが、よくこんな映像が中国から出てきたものですね。中国から見れば中国の領土を守る英雄的中国海軍の正義の実行ということで公開されたのでしょう。それを入手したベトナムが編集している。NHKやテレビ朝日が決して報道しない内容ですね。

個人が成長する時には反抗期があります。国家が成長するには荘園時代、封建時代、帝国主義時代を経験して始めて民主主義国家になりうるという説があります。中国は遅れてきた帝国主義国家ということですね。遅れて来た分だけ核を持っているから問題だ。
何でも裏腹でね、日本に、また沖縄にたくさんの米軍基地があることは、その家族もたくさんそこに住んでいるということなんですが、それは日本を守って貰うための人質でもあるんですよ。自分の家族がいる場所を米軍は守らざるを得ないという現実が生まれるのです。だから冷戦が終わって独駐留アメリカ軍を撤退または縮小させようとした時に、ドイツはアメリカに出て行ってくれるなと。地政学が分かっている国はそういう判断をする。


PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne