忍者ブログ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[4199]  [4198]  [4197]  [4196]  [4195]  [4194]  [4193]  [4192]  [4191]  [4190]  [4189

厚生ノート2

班ごとに名前が付いていて、私の班は「厚生」だったのだと思う。
私がノートの書き出しっぺに書いた文章。これだけは情景も覚えている。
「 昭和43年4月13日土曜
今日は山を登った。(芝刈りに・・ウソ)古江と堀越の間の山である。
道から道の無い所を通って登った。景色がたいへん良い。
坂手が見える。上から見ると、まったく田舎である。               
そこから、船が出ている。三千トン級の客船である。船のマストが家より高い。
白波をけって、ヘキチ(僻地)から出港する。
連絡船のようである。なんとも言えない情景である。
僕は草の上に寝ころんだ。青空に雲はない。
目をつむる。太陽が暖かくぼくを包んでくれる。
山の上で、その草の上で、大空を相手に寝るのは何とも言えない良い気持ちである。
学校のことも、勉強のことも、人間も(好きな人含む?)ぼくの心は白紙にもどる。
ハエがぼくの顔の上を飛びまくる。「ウルサイナー!」
真上を向いて目を開く、太陽がまぶしい。
横に目をやる。すると大青空の中に、数本の細く長い茎の小さな葉がついている草が、風にやさしく揺れている。凜々しい女の子のようである。
その後ろに二メートル程の枯れた木がある。彼は美しくない。
しかし、彼は、そのような事を何とも思っていない。
もうすぐ、いっぱい緑の葉を、いっぱい付けると自信を持っている。
今はどんなに見にくくとも、彼は気にしていない。
彼は他の木にまどわされていない。
自分の道は自分でしっかり生きている。人間も、こうでなくては。
いつの間にか、ハエがいなくなっている。
どうやら、ぼくの顔に飽きたらしい。ハエにもふられた?
トンビが、超低空で飛んで来た。そしてぼくの上で旋回する。三回、四回。
だんだん半径が長くなる。あいつ、おれが食えると思っているのかな?
おれも空を飛びたい。
もう一度目をつむる。息をいっぱいに吸う。
新緑のにおいがする。「春だなあう。」
またハエが来た。今度はなかなか離れない。
このハエ、おれに恋したのかな?これが人間のカワイイ女の子だったら。
しかし、うるさいハエじゃ、かわいそうだが、あまりしつこいので殺した。
するとまたハエが来た。さっきのよりうるさい。
殺したハエの親か、恋人か、おれに攻撃してくる。」
ここで1ページ目終わり、そして2ページ目の余白に書いた絵
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne