忍者ブログ

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1531]  [1530]  [1529]  [1528]  [1527]  [1526]  [1525]  [1524]  [1522]  [1521]  [1520

滝のマイナス・イオン

滝瞑想をしないまでも滝の傍にしばらくいるとその夜はグッスリ寝られるみたいですね。睡眠導入剤を毎日飲まないと寝られない人も薬無しに寝られるようです。滝の水しぶきにはマイナス・イオンがたっぷり含まれていると言います。
雑念・妄念やマイナス思考でいつも考えている人は身体に邪気が溜まります。邪気はプラス・イオンになります。血液が酸性になりますから血液もプラス・イオンを帯びるんでしょうね。そうなると心や身体の病になる。
滝のマイナス・イオンによって身体に付いたプラス・イオンが吹き飛ばされるからかも知れませんね。滝行していると、よく言われるのが、邪気が溜まっている人が滝の中に入ると水がすごく泡立つということです。そういう人に、「スッキリしただろう?」と聞くとスッキリしたと言います。身体に付いている邪気が洗い流されたからですね。そしてその泡だった場所の水がきれいにならないと別な人をそこに入れられないと。
でもこんな話しを医者にしてもバカにされ完全否定されますね。
私もそんなアホなことある訳が無い!と思っていましたが3年間の滝行の観察と体験で否定できないことを知りました。私は滝行がやりたくて始めたのではありません。お釈迦様も難行苦行では悟れないと言っているのに滝行をするバカがいる。それを否定するためには自分も体験してみないといけないと思って始めたのです。滝行に関して私は否定論者、懐疑論者だったのです。しかしながら私にとっては滝行で滝瞑想のやり方も掴んだし価値あるものでしたね。「なるほど、そうか!」と。
前にも書きましたが、私の風呂に付いているシャワー・ノズルからは滝と同じぐらいのマイナス・イオンが出ます。ちなみに部屋の壁からもマイナス・イオン(イオンでなくてマイナス電荷を帯びた電子という説も)が出るようにしています。だからリンゴが腐らない。
思考という雑念で、身体の中も外もプラス・イオンに覆われます。そうするとヴリル(宇宙エネルギー)が入りにくくなります。無心になると身体の中にエネルギーが充満してきます。思考から生まれる邪気が取り払われるとヴリルがスッと入って来るということですね。天風先生も無念無想になると自動的にヴリルがいっぱい入ってくると言っています。歩きながら無心になるとそれは良く分かります。
だから、いつも声を出して笑っていて、くよくよ何も考えない人は心も身体も健康なのです。ただ、誰も人生いろいろあるのだから、そうなるにはそれなりに修行とか心構えが必要ですね。





PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne