忍者ブログ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[4214]  [4213]  [4212]  [4211]  [4210]  [4209]  [4208]  [4207]  [4206]  [4205]  [4204

班日誌6月16日

高二の時に私が書いた文章(抜粋)です。記憶に無い。
昭和43年6月16日(日)
「生きている人間は、ただで映画館に入っているようなものである。
その映画が面白くなかったら映画館から出たい奴は出たら良い。
しかし、今まで十六年間 映画をズーと見ていて、
映画館の外はどんなのか全然わからない。
出たところで、外がおもしろいか、どうか 分からない。
ひょっとしたら、ものすごく恐ろしい所かも知れない。
だから、映画は面白くなくても、だれかに無理やり出されるまで、
見ようじゃないか。
それにせっかくタダの映画なのに、見なくては損じゃないか。
いつかは、出なくてはならないのだから、そんなにあせらなくても。」

「もしこの社会が完全だったら、どうだろう?
何もしなくても、楽しく生き、食べることも、住む場所も、衣服も、心配なく、
政治家も立派で、戦争の心配もなく、他国に戦争は無く、人を殺傷する道具も無い、人を憎むことも無い、こんな世の中だったらどうだろうか?
君たちは素晴らしいと思いますか?僕は思わない。
もしこのような世界だったら、自分は何を考えれば良いのだろうか?
何もかも完全であるために改良改善する所が無い。
何もかも考え悩む材料がなくなる。
こうなるとよけいに生きる意味が分からなくなる。
人間は、不完全だ。だから人間は、いいんじゃないか?」
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne