忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1943]  [1942]  [1941]  [1940]  [1939]  [1937]  [1936]  [1935]  [1934]  [1933]  [1932

裏読み

鳩はもう巣に帰ったのだろうか?まだニュースに載っていない。
K国P大統領はC国滞在4日間は長い?世界平和フォーラムとかグローバル・シンクタンク大会というのが同時期にC国であったようだが、アメリカのK元国務長官も参加しているとどこかでに載っていた。
変だな~?すべてが同じ時期に同じ場所にいる。何故、鳩が出席だ?
そう、考えられることは、C国経済崩壊、その後のC国の金融、政治体制をどうするかを話し合うために上海にある秘密結社が北京で会合が持たれているということですね。それぞれ理由を付けて集まったと考えられる。
K国臨時政府の設立は上海で行われたと書いてあるのがあった。どうしてK国国内でなく上海だったのか?
C国崩壊後の在り方に意見がまだまとまっていないのではないだろうか?
K国も同時に経済破綻するので、K国P大統領はK国を守ろうと足掻いていると思われる。我が国の鳩は鳩の脳みそしかないので会議で浮いていることだろう。鳩の父親がその秘密結社の一員であったことは公然と知られている。
まあ、要するにC国の経済破綻、それに続く体制崩壊のスケジュールは秒読みに入ったということですね。体制崩壊後、日本の日本銀行、アメリカのFRBというような政府から独立した銀行がC国で設立されるだろう。
同じ時期に誰がそれぞれの表向きの理由を付けてそこに集まったかというのは、その裏にある本当の理由が見えてくる。P大統領、鳩、そしてかの有名な元国務長官のK氏が同じ時期に同じ場所にいるのは偶然ではない。
日本人は平和呆け脳天気だから、「そんなことあるはずがない!」と思うことだろう。脳味噌は、鳩と変わらない。

クリック⇒⇒へえ~!

クリック⇒⇒これもまた、へえ~!

クリック⇒⇒⇒あららら、こんなのも!判断は各自で!

表のニュースだけを読んでいると本当のことは分からないということですね。

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne