忍者ブログ

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[4377]  [4376]  [4375]  [4374]  [4373]  [4372]  [4371]  [4370]  [4369]  [4368]  [4367

あの世と中間世

高二の時の担任が昨年10月に脳溢血で倒れて生還した訳だけど、「あの世への途中の景色を見て来ましたか?」と尋ねたら、「見ていない」とのことでした。
でも蘇って目を開けたらいろんなものがとても美しく見えたと。
それから今までそんな感性は無かったのに詩が降りてくるみたいなことを言っていた。臨死体験すると感性が敏感になるんだよね。まあ、私も多少そうだけど。
病院で薬剤師をしていたクラスメイトが傍で、「人間は物理的存在だから死んだらゼロだよ」と付け加えた。そのクラスメイトの奥さんは5,6年前に子宮ガンとその転移で壮絶な死に方をした苦労話を笑顔でしていた。人間、ほんとに辛い時は笑いしか出てこないんだよね。私はそのことは昔から知っている。
武蔵浦和の喫茶店で隣の席に座っていた30代のサラリーマンが二人会話していた。「うちの子は3歳になるんだけど、「ママのおなかの中にいた頃のこと覚えている?」と聞くんだけど何も答えてくれない。横を向いて無視される。後1,2年で忘れるだろうから今のうちに聞いておきたいな~。」という会話をしていた。今の20代、30代はそういう話が当たり前に拡がっているんだな?と知った。
良いことだよね。60代以上の人間はそういうことをいくら言っても信じない人が多い。八十八カ所の遍路という文化を持つ小豆島でもそうなんだから。
私は死んだら既に亡くなっている親や祖父母にあの世で会えるということを小さい時から墓参りするたびに母親から教わっているので肉体は死んでも魂は存在しているということに疑問を持つことなく育っている。
高三の時にちょっと親しくなった可愛い子と46年ぶりに話したけれど、高校の時に既に「この子とは魂の縁が無いな~」と気付いていたけれど、それでも何かあるのかな~?と今回観察したけれど過去生の縁は分からなかった。でもきっと何かはあるんだろうね?強い縁がある子とは会った瞬間に分かるけどね。
高三の時に、「この子と結婚できるような男に生まれたかったな。でも、こういう子とそういう縁を持つには、まだまだやらないといけないことがいっぱいある。」と思っていた。今でもそう思っている。
平凡な幸せの生活を持てるようになるには、まだまだ生まれなければならない。
解決しなくてはならない過去生のカルマのせいだよね。でもそういうことは分からない方が良いよね。だから人はそれを5歳までに忘れるようになっている。
かつて戦友だった仲間がクラスメイトにいるんだけど、私は12/23に皇居に初めて参賀したのだけれど、そのことは何も彼には伝えていなかった。その彼もこの正月の二日に初めて宮中参賀したんだって!それを聞いて笑ってしまった。
それも同じような位置で。(戦友という)魂の縁というのはそういうもんだよね。
ちなみに彼は霊的なものには無茶苦茶鈍感だな。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne