忍者ブログ

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1737]  [1736]  [1735]  [1734]  [1733]  [1732]  [1731]  [1730]  [1729]  [1728]  [1727

携帯の位置情報

前にも書きましたが、携帯電話、スマートフォンを会社や誰かから支給されるとかプレゼントされるということは、自分のいる位置が相手に読まれているということですね。カーナビのように自分の位置が相手のパソコンで見られている。どこのスナックに入ったかとか、どこのホテルに入ったかとか、正確に分かる。
最近では女房にそういう携帯を持たされている亭主が増えているらしい。もちろん亭主には、そんなGPS位置検索を携帯会社と契約していることは内緒にしているが。どれくらいの費用なんだろう?月500円ぐらいか?もちろん、「そんな契約しているのか?」と女房に聞いても、「していない」と言い張るだろう。まあ、月々の支払い明細書を自分で見るとその中に書かれているかどうかで分かる。まあ、呆け徘徊老人には必要な機能ですね。まあ、置き忘れるとか持ち忘れるだろうけど。子供にはどうなんだろう?子供を信用していないと見るか?万一の時の安心と見るか?ですね。日本では子供が行方不明になったり誘拐されることはほとんど無いのだから。とは言いつつも、「もし誘拐されたらどうするの?」と心配する人もいるかも知れない。しかし誘拐犯はそんな携帯はどこかのトラックの荷台に放り投げるな。だから誘拐防止には役立たない。そう言えば、最近というか、何十年か、日本で身代金目当ての誘拐事件は起きていないな。位置がすぐに分かるデジタル化のせいだろうか?誘拐事件の起きない国って、どのくらいあるのだろう?今はいろんな便利なものがあるが故に不安や心配性の種が増えるんだな。便利の先には不便利、合理の先には非合理が待っている。



PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne