忍者ブログ

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1453]  [1452]  [1451]  [1450]  [1449]  [1448]  [1447]  [1446]  [1445]  [1444]  [1443

生活習慣思考

生活習慣病というのが巷言われている。しかし問題は、生活習慣思考を変えられるかどうかですね。自分の生活習慣思考で判断してものごとを決めるから、判断を間違って不適切な行動を選び自律神経失調症などになってしまう。自律神経失調症などの病は、思考習慣を変えろ!という神様からのお便りですね。だから病は感謝です。
(西洋医学的治療で何とか改善することもあるけれど、思考を変えずにそれだけで良くなった場合は、原因を消していないので後でより深刻な病になるな。大抵の人は、自律神経失調症は一時的なものだから、治れば元の同じ思考行動生活パターンに戻ればいいと思っている。それが間違いの元なのに自律神経失調症やパニック障害、鬱などは、生き方、考え方の次元を高くして意識を変えれば問題なく解決するのだが、ほとんどの精神科医は心の次元という概念を理解しない。まあ、まれにいるみたいだが。もっとも患者はもっと理解しないが。
思考する前に閃く、又は感じる判断(直感)に従うのが素直ということですね。それが霊性の発現ですね。思考が始まる前の0.1秒ぐらいの間の閃きが本当の自分です。実我からの声です。言葉無き直感です。頭の中で言葉で考え出すまでに、ほんの少しの時間の間(ま)があります。スポーツの訓練なんかはその間(ま)の間(あいだ)に身体が動くようにすることですね。考えてから動いていては間に合わない。
言葉が生まれる前の自分を見つけないといけない。仮我には言葉がありますが、実我には言葉がありません。言葉で考えている限り、本当の自分は見つからない。
その0.1秒を1秒、2秒と長くするのが安定打坐です。0.1秒を認識するには訓練が必要かも知れませんね。多くの人は、のべつ幕なしに頭で考えているから0.1秒を認識する心の余裕がないかも知れません。私の説明は分かりやすい!???
まあ、あえて言えば感覚で掴まえる実我の声を順動仮我が言葉に翻訳するんです。
そう説明すると分かったような分からない実我と順動仮我の違いが分かるでしょう。
また話しが逸れた。生活習慣思考から天風教義の言葉の解説になっちゃった。





PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne