忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1917]  [1915]  [1914]  [1913]  [1912]  [1911]  [1910]  [1909]  [1908]  [1907]  [1906

仙台

昨日、仕事で東北大学に行ってきた。今まで仙台は通り過ぎることはあっても降りたことは無かった。初めて仙台駅で降りた。予定より早めに打ち合わせが終わったので、津波被害を受けた海岸に連れて行って貰った。若林地区という所から仙台空港辺りの海岸を車で走った。な~んにも無い草だけの広っぱが拡がっている。一瞬、日本て土地があるな、広いな、これだけ広い土地があると有効に使えるなと思ってしまう。悲劇の痕跡は、パッと見た目、あまり残っていない。よく見ると草の中に家の土台のコンクリートが残っているのと、少しだが、津波被害を受けたまま壊さずにまだ残っている家もある。家の持ち主がいないので取り壊しが出来ないのだろうな。そのためにそこは整理も再開発も出来ない。憲法29条のせいだな。
昔のようにただのスコップを持った土木作業員というのはあまり必要なんだな。ダンプの運転手、ショベルカー、ブルトーザーの操作員と交通整理のおじさんしかいない。汗を流して作業している人は一人もいなかった。
神社とお墓の再建を日本人は最優先にするんだな。日本人は無宗教と自分の口では言いながら、神様とご先祖様を第一にするんだな。日本人て良い民族だと思うな。もちろんキリスト教社会では教会を、イスラム教ではモスクを第一に再建するのだろうけど。人類というのは不思議だな、自分の生活場所の再建の前に神様や祈りの場所を最初に再建する。どうしてだろう?
帰りの新幹線「はやぶさ」だったかな?3号車に乗って座ったら、後から乗ってきた人に、「そこは私の席ですが?」と言われた。「えっ、ここ指定席ですか?」と質問したら、「そうです」と。隣の席の女性が笑っていた。何だか狐に包まれたみたいで、「???」と思いながらとりあえず降りて、よく見たら全席指定とあった。そんな車両が東北新幹線にあるとは知らなかった。





PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne