忍者ブログ

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[4117]  [4116]  [4115]  [4114]  [4113]  [4112]  [4111]  [4110]  [4109]  [4108]  [4107

ボート

しばしば仕事の途中に自転車で戸田ボート場傍を走るのですが、いつも思うことは、オールを漕いでボートをただ真っ直ぐ走らすことが何が面白いのだろう?と疑問に思っていることは以前書きましたが、ミュンヘンの展示会場で話した人がボート部出身の人で、きっと六大学のひとつなんでしょうが、「あんなスポーツどこが面白いのか分からない。川の急流をゴムボートで命がけで下る方がよっぽど面白いと思うのだけれど?」と疑問を投げかけた。
彼曰く、「ボートは哲学です。一回一回違う。同じ走りは二度無い。」とか言っていました。なるほどな~!とは思いましたが、もうひとつ実感が湧きませんね。きっと坐禅と同じ心境になるんでしょうね?動的坐禅なのでしょう。
OBが歳取ってもボートをやっているけど、70,80になっても同期の仲間と楽しめるスポーツというのは少ないよね。その点は見てて感心する。まあ、それなりの大学を出て、功成り名を遂げた人達なんでしょうね。ただ、貧乏人のスポーツでないことは確かだな。貧乏人でも出来るスポーツのひとつがサッカーだよね。だから世界中、サッカーが盛んだ。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne