忍者ブログ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[4121]  [4120]  [4119]  [4118]  [4117]  [4116]  [4115]  [4114]  [4113]  [4112]  [4111

武田信玄とロシア

武田信玄と上杉謙信は愚か者だったと私は言っているのですが、何故なら争わないで二人で協力すれば天下を取れたのに、足の引っ張り合いをして滅びた。
それと同じことを現代でも言える関係があります。それはロシアと日本ですね。ロシアが誠実に日本に対処していたら、ロシアは世界のヘゲモニー(主導権)を取れていたのにと思いますね。ロシアの間違いは日本を敵にしたことですね。
戦後、左翼活動が成功して日本が社会主義国家になっていたら、アメリカはどうなっていたのだろう?パックス・アメリカーナは成り立っていたのだろうか?
内陸国は千年二千年常に外側からの侵略に怯えないといけなかった。その身構えを日本にも適用した。日本は他の国と違うということに気づけなかった。
日本が朝鮮半島を併合したのも、満州国を設立したのもロシアの脅威に対処するためだったからね。敵対では無く、満州をロシアと日本が共同開発していれば、今頃どんなことになっていたのだろう?ロシアでの共産革命は起きていなかっただろうから、今の世界地図とは大きく異なっていただろう。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne