忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1430]  [1429]  [1428]  [1427]  [1426]  [1425]  [1424]  [1423]  [1421]  [1420]  [1419

宇宙は相似形

宇宙が人間を創り出したのだから、子が親の遺伝子を受け継ぐように、人間は宇宙の法則を内在して、宇宙と相似形をなしているはずですね。ちょっと論理の飛躍があるかも知れないけれど、哲学的にはそうなる。もし、神という存在が人間を造り出したのなら、芸術作品にはそれを作った芸術家の魂が宿っているように、人間の中に神の魂が存在するはずですね。大自然=宇宙=神と言っている人もいます。
第一宇宙速度約 7.9 km/s(時速28400km)、第二宇宙速度約 11.186 km/s(時速40269.6km)、第三宇宙速度約 16.7 km/s(時速60120km)というのがあるのを知っている人は少ないかもしれません。高校三年の時に物理の勉強のついでにそんな計算をしていました。
第一宇宙速度とは地球の重力から離れて人工衛星になるために必要なスピードです。第二宇宙速度とは地球の重力から完全に放れて太陽の惑星になるスピードです。第三とは太陽の重力からも自由になれるスピードですね。
心も同じですね。心が自由になるには現状脱出のエネルギーが必要です。大地(カルマ)にへばり付いている状態から何とか放れようと飛び上がるけどいつも大地に落ちてしまう。これ、普通の人。飛び上がろうとしない人の方が遙かに多いけれど。心が地球から解放されるか、太陽系の縛りから解き放たれるかは悟りのレベルなんでしょうけど、それに合わせたエネルギーの心のロケット噴射が必要ですね。
それと宇宙は十進法ではなく対数的だということですね。話しが難しい?
人間の幸せは、真実(特に真実の愛)に気づくことですね。真実の愛とは、すべてのカルマから解放された時に残っている愛ですね。一般的には、ツイン・ソウルという相手と宇宙意識で繋がることですね。それが悟りでもあります。それが目の前に存在するのに仮の現実に目を向けてしまうのが凡人、暗愚、無明の人と呼ばれます。

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne