忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[2441]  [2440]  [2439]  [2438]  [2437]  [2436]  [2435]  [2434]  [2433]  [2432]  [2431

中国は2015年に崩壊するだろうと以前書いたことがありますが、展示会での中国人から聞くところによると中国人の若手ビジネスマンも中国は後2,3年しか持たないと考えているそうです。
1936年の船舶貸与の補償金を裁判で勝訴して取りあえず40億円を商船三井は中国側に支払った。(まあ、理屈として中国側の言い分も分からないではないが。)正義や未来なんかは関係なく目先の現金を如何に得るかだけを中国人は考えているように見える。それはまもなく崩壊する国家の中で、如何なる手を使っても現金を獲得してその現金を海外に移し、自分の一族が生きていくための方策ではないかと推測できる。裁判官も賄賂を貰ってその判決を出しているのではないかと思いますね。裁判官も海外に逃げる金が欲しい。
それにしても中国の韓国化は中国千年の恥になる歴史を作っているように見える。
まあ、日本も恥な国ですけどね。自分で自分を守る力が無い国なので、安倍さんはオバマの男妾の態度ですね。「ねえねえ、私を守ると言って~!」と誠心誠意媚びている。
「尖閣は日米安保の対象」と言われて、「良かった~!」と胸をなで下ろしている。妾がご主人様から、「おまえを大事にするから」と言われて喜んでいるのと同じですね。他にいい女が出来れば妾なんかいつでも、ポイッと捨てられるのに言葉だけで喜んでいる。自守自立出来ない国家のなれの果てですね。
日本国民もそのことに何も疑問を感じない。日本の集団的自衛権は認めないと言って欲しいとオバマに手紙を書いている日本人(偽装日本人)政治家もいる。
古代ギリシャやローマ帝国が滅びたのは、国民の幸せ(パン(生活)とサーカス(娯楽))を保証したこと、国の守りを傭兵に依存したこと、この二つですね。現代で言えば充実した社会福祉と集団的自衛権無き依存型安保条約ですね。





PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne