忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1993]  [1992]  [1991]  [1990]  [1989]  [1988]  [1987]  [1986]  [1985]  [1983]  [1981

こんな記事が!

【ヒトも、死ぬときに「青い光」を放つ?

死にゆく線虫に紫外線を当てて観察することで、死の過程で青い蛍光が放たれることがわかった。この光は次第に強くなり、死の瞬間に最大に達し、直後に消えるという。この研究は、細胞死遅延薬の開発に役立つ可能性もある。
この研究は、加齢による死が細胞レベルで損傷が積み重なった結果にすぎないという説に疑問を投げかけるものだ。生命が限界に達する時は、協調された作用によって決まっている可能性がある。
 死の進行をリアルタイムで分析することは、死を遅らせる方法を理解し、開発するのにも役立つ可能性がある。いずれにしろ、われわれは最期のときに「光」を見るのかもしれない。】
私も、「人が死ぬ時は(おそらく幸せな死の時)、光に包まれる」と言っているのですが、科学でもまもなくそれが証明されるかも知れませんね。今のところ今にも死にそうな人に紫外線を当てて蛍光を見る事なんて出来ないもんな。それにしても、光とはなんぞや?という疑問が常に私にはある。科学としての光と霊的な光、悟りの光がいずれ融合するのだろうか?「光」を仕事としている私としては興味津々ですね。私が最先端の光を仕事とすることになったのも運命だったのかな~?仕事は何でもそうでしょうが、「光」は難しい。

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne