忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1906]  [1905]  [1904]  [1903]  [1902]  [1901]  [1900]  [1899]  [1898]  [1897]  [1896

よろずごと

映画「奇跡のリンゴ」観てきました。池袋で3時半からのを観ました。
観客は1/3より少なく、1/4より多いという感じでしょうか?日曜の午後にしては少なかったですね。この映画を観る人と見ない人(興味のない人)ではずいぶん人生観が違うのではないでしょうか?本当の夫婦の縁、家族の絆というものは、こういうものだというのも分かります。
帰りに若いカップルの女性が話していました。「木村さんのリンゴは何年も先まで予約が一杯で手に入らない。フランス料理レストランの○○で・・・云々」と話していました。この映画は多くの人に見て貰いたいですね。DVDが出たら買おうかな?私は、考え方と規制を変えたら日本は先端農業国になれると思っています。
先週末、ダライ・ラマ日本事務所から封筒が届きました。また来日講演の案内状かな?と推測したのですが、開けてみたら5月の連休にあった護国寺でのチベット・フェスティバルで作られた砂曼荼羅の砂でした。祈りの込められている砂に有り難さを感じます。砂は日本の砂なのでしょうか?それともチベットの砂なんでしょうか?いえ、チベットではないな、インドの砂なんでしょうか?本当に貴重な宝の砂です。金の砂より価値がある。
岐阜県の五宝滝近辺の御水を飲んで、御水がお腹の中に入った後は活力がみなぎってくるのがわかります。ヴリルが御水の中にいっぱい入っている感じですね。飲み味は、当然、清涼飲料水の方が美味しいのですが、その飲んだ後の活力の充実感は全然違いますね。多くの若者は、清涼飲料水的恋愛、コンビニ的肉体関係を求めているんでしょうね。本物の縁というのは上記の映画のようなものですね。縁とは不思議なものです。
愛されて育った人は、何事にも忍耐力と満足がありますが、そうでない人は、いつも不平・不満・文句と批判ばかりですね。だから忍耐力が無い。これに関しては自分で気付くしかないですね。いくら本を読んでも気付けない。何歳になっても気付かない人も多い。これもまた、学びの縁があるかどうかですね。まずは愛されて育った人の忍耐力と満足の持ち方を真似ることですね。そのためには真理を学ぶことですね。真理の会得は、愛の会得と同等ですね。もちろん頭で知る真理(知識)ではダメですよ。
また逆に健康も経済も家族関係も問題なく来ている人が真理を深く会得できるのだろうか?まあ、そういう環境を持っている人は、過去世のご褒美で今生そうなっているのは事実でしょうね。だから試練があるのは真理を深く会得できるチャンスを持っているのでハッピーですね。試練のない人は、過去世のご褒美の人生だからこれもまたハッピーですね。人それぞれ過去世からの運命を背負っているからな。過去世が違えば今生の運命も違う。同じものは二つとしてない。指紋が違うのと同じだな。人生は一人一人違う。でもその法則はみな同じだな。



PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne