忍者ブログ

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1908]  [1907]  [1906]  [1905]  [1904]  [1903]  [1902]  [1901]  [1900]  [1899]  [1898

偶然

先週木曜だったかな?金曜だったかな?某駅で私が西からの階段を上がって行き、駅構内にあるフレッシュ・ジュース・スタンドに行きかけたら東の階段の方から、「西○さ~ん!」という声が聞こえた。「良かった~!ここで会えて!今日、落ち込んでいたんです!」と。「ホントにも~!同じ偶然に会うのならかわいい女性にして貰いたいよな!」と内心思ったのですが・・・・。
今日も駅近くの本屋から出たら、「西○さん!」と声が正面から聞こえた。「はぁ~?どうしてこんなところで?」と仕事関係の人に会った。先週かな?会って1時間以上話しをしたばかりなのに。その人とは、仕事関係の人ではあるけれど、仕事の話しはほとんどしない。人生相談みたいな内容ばかりだな。私は彼の二人いるというメンターの一人になっているらしい。
それにしても男なんかと偶然会いたくないよな。どうでもいいおばさんとも会いたくないけど。くくくくくく。そう言えばその前の週にも偶然二度も会員の同じ男とほぼ同じ場所で会ったな。彼にとっても私にとっても同じ通り道ではあるのが分かったけど。

今読んでいる本の中にこんな話しがありました。
台湾から戦前の日本の恩人の家を探すために大和市の駅を下りた。戦前とはまるで違う大きな町になっている。で、無謀にもたくさん歩いている人の中の一人に尋ねた。「何々さんという人の家に行きたいのですがご存知ですか?」と。そしたら、「私は何々の妻です」と。

先週予習した英語の中に次のような内容の実話が載っていました。
若い頃、女優をしていたが、その後大学の先生になった。当時はほとんど白人が行くことのないビルマに休暇を利用して行った。
美しい仏像を眺めていると一人の老紳士が語りかけてきて完璧な英語で説明をしてくれた。彼は大学の教授で、ビルマの政治、歴史と共に仏教の教えや宿命論を教えてくれた。親しく会話をしている内に、「私の家に来ませんか?」とお昼の食事に招待された。そしてその人の家を訪ねた。お孫さんの女の子が出てきて私の顔をじっと見て言った。「私はあなたのことを知っています」と。「????」
教授曰く、「孫娘はあなたの写真を持っています」と。ますます「?????」
孫娘は写真を取りに行って戻ってきて見せてくれた。そこには若い頃の私が写っていた。!!!!老教授は若い頃船乗りをしていてニューヨークに立ち寄ったことがあり、その時、一枚のブロマイドを娘のために買ったと。
そして彼はビルマで私に偶然出会い、そして私は私の昔の自分に出会った。
最もビックリしたことは、その家族の誰もその偶然にビックリしていないことです。運命が私を彼の家に導いたと当然のこととして受け止めていることでした。
そのブロマイドは、子供が時間のトンネルを通って、大人になった自分自身に会いに行くというストーリの大人の役を演じた時のものでした。

そう言えばこんなこともありました。昔、母が船に乗って高松に行っている時に船の中で、ある老人が話しかけてきた。いろいろ話している内に、「△△という所に○○さんという働き者の立派な人がいましたね。知っていますか?」、
「それは私の実の父です」。
偶然の逸話を出していると切りがない。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne