忍者ブログ

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[4456]  [4455]  [4454]  [4453]  [4452]  [4451]  [4450]  [4449]  [4448]  [4447]  [4446

重心

私は(冬季)オリンピックなど興味が無いので今までほとんど見たこと無いが、今回の平昌オリンピックのフィギュアーをyoutubeで見た。ロシアの選手と日本の選手では身体の使い方が明らかに違う。ロシア選手のジャンプしての着地の瞬間の安定感は凄い。日本選手の着地は瞬間微妙に揺れていて不安だ。
具体的に何が違うのだろう?と観察した。日本選手は臍下丹田に重心がピタッと決まっている。さすがオリンピック選手に選ばれるだけのことはある。
が、ロシア選手の重心の位置が分からない。最初の頃は何回見てもロシア選手の重心がどこにあるか分からなかった。昨夜もエクシビションを何人か見た。
で、分かった!ロシア選手の重心は尻にある!「なるほどな~!」と感心した。
尻とは想定外だったな。確かに彼らは足が長いから臍下丹田では重心が上過ぎることになるんだな。ロシア、恐るべし!だな。
あ~あ、「重心がどこにあってもいいじゃん?そんなことなんで気にするの?見ていて素晴らしかったらそれで良いのよ!」という声が聞こえそうだ。
クンバハカとか霊体とか、そういうのを会得しようと日々追求する者には、どこかにヒントがないかと気に掛かるものなんだけどね。
「クンバハカ?そんなの肩の力を抜いて、臍下丹田に気を込めて、肛門を締め上げるだけじゃない。簡単なことよっ!何を他に考えることがあるの?」という声も聞こえてきそうだ。私も5年目ぐらいまではそうだった。

ついでに、こんな話を、
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne