忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[2250]  [2249]  [2248]  [2247]  [2246]  [2245]  [2244]  [2243]  [2242]  [2241]  [2240

今夜のおかず


知り合いが獲りたての鯛を持ってきた。今夜は鯛の塩焼き?だな。
焼く前の鯛に初めて触った。・・・鱗が上手く取れない。そんなことしたこと無い。
私と兄の二人のためにわざわざ鯛を持ってきてくれたのは有り難いことです。
鯛は出来るだけ鱗を取って、切り目を入れて塩をこすりつけて私が焼いた。
美味しかった。瀬戸内海の魚が一番美味しいと思う。潮の流れの速い海の魚は美味しい。叔父(母の弟)も叔母(母の妹)も魚は好きじゃないという。
「え~?!」という新発見の正月でした。
母も刺身とかうどんは好きじゃないと言っていた。小さい時から魚を食べさせられ過ぎたからだろうか?母方の祖母(母の母)はお嬢さん育ちで料理がほとんど出来なかったと聞いている。
祖祖母(母の祖母)がいつも料理をしていたという。祖母は蝶よ花よと育てられたらしい。そのせいか?母も料理は得意ではない。母も祖母もお嬢さん育ちだったからだろうな。顔はまったくお嬢さんじゃないけどね。
しかし戦後、お嬢さんではなくなった。母は嫁いでから土方もした。実家もいろいろあって山や畑も含めてほとんどの財産を失った。長男は一旗揚げようという気持ちもあったのか?家族4人(小さな娘二人)でブラジルに移民した。
何でも栄枯盛衰だからね。
ホテルのオーナーの娘で、金持ちで美人で頭が良く、性格も良く、そのクラスのマドンナという同級生(クラスは違う)がいたが親のホテルが倒産して悲惨な結果になった人もいるな。その女性だけでなくホテルのオーナーの娘というのは悲惨な末路の人がままいる。時代の風の流れが変わるとすべてが変わる。


私の村の沖合いでおかずを釣っている?極楽釣り人だな。ここは、釣り雑誌に釣りの隠れた穴場として紹介されて有名らしい。

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne