忍者ブログ

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1802]  [1801]  [1800]  [1799]  [1798]  [1797]  [1796]  [1795]  [1794]  [1793]  [1792

北朝鮮情勢5

北朝鮮は何もしないままだんだん落ち着いてきましたね。口だけは達者だけど。誰かさんみたい?でもそのうち一発、中距離ミサイルを日本海の真ん中当たりに向けて撃つかもね?まあ、訓練の一環としてね。
仮に中距離弾道弾を撃って、どこかのイージス艦からのミサイルで撃ち落とされた時に北朝鮮の脅しは効かなくなるし、北朝鮮という国家は面子丸つぶれで崩壊を始める。だから北朝鮮は撃つぞ撃つぞと脅すことでミサイルと核の価値は出てくる。そして韓国、日本、米国を脅し続ける。
では撃ち落としに失敗すればどうなる?今度は日米の面子が潰れて、北朝鮮はますます強気になる。でも日本や韓国の領土に向けて撃つことは有り得ない。そうすれば北朝鮮のすべてが終わることを知っているはずだから。北朝鮮が本気の場合は、数発のミサイルの準備ということは有り得ない。今回は長距離2発と中距離数発だから本気では無いということなんです。
北朝鮮の爆撃機が並んでいる写真がインターネット・ニュースに何日か前に出ていたけれど、韓国領に出撃すればまず簡単に撃ち落とされる超古いタイプの爆撃機だし、爆弾を積み込んでいる様子は無さそうだし。普段、飛行訓練をどのくらいしているのだろう?あまりしているようなニュースは出てこないけど。航空燃料も備蓄があまり無いだろうし。少なくとも北朝鮮の空軍は中国の援軍があることが前提の存在だな。それはアメリカ軍の支援が前提の日本の自衛隊と同じ。北朝鮮単独では動けない。だからミサイルを撃つぞ、撃つぞ、という脅ししかできない。
そう言えばハワイ沖で日本のイージス艦が模擬弾道ミサイルの撃墜に次々に成功させてアメリカを驚かせたらしいけど、そのイージス艦とハワイの弾道ミサイルの発射基地の距離は、ひょっとしたら北朝鮮と日本の距離を想定した距離で撃墜試験を行っていたかも知れないな。
クリック⇒⇒日本イージス艦の実力









PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne