忍者ブログ

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[2746]  [2745]  [2744]  [2743]  [2742]  [2741]  [2740]  [2739]  [2738]  [2737]  [2736

子育て

私の学生時代の勉強仲間の一人(年齢的には後輩に当たる)は夫婦共に国立C大を卒業して夫婦共に教師をしていたけれど、男の子と女の子がいるのだが男の子には、「勉強なんかしてないで外で遊んでこい!」と、
女の子には、「勉強なんかしないで家事の手伝いをしろ!」と言っていた。
夏休みには毎年家族四人で一ヶ月海外に行っていた。レンタカーを借りて超貧乏旅行をしていたという。
で、結果、子供は、「こんな親の言うことを聞いていたらとんでも無いことになる!」と親のいないところで勉強して男の子は東大理類に入り、女の子は慶応を主席で卒業した言う。
海外旅行をしていろんなところを回ってみると、子供にとっては学校で習う地理や世界史がその場所の記憶映像と一緒になってとても身近に感じて頭の中にスーッと入ったそうな。
私の従妹なんかは親から、「勉強しろ!」なんて言われたことは無いのではないだろうか?いえ、私の一族や村で、子供に「勉強しろ!」と言うような家はほとんど無かったのではないだろうか?私の家ではあったが、そんなことを聞く素直な私ではなかった。勉強部屋ではひたすら戦争の本を読み、飛行機や軍艦の絵を描いていた。母親に、「勉強しろ!」と言われて勉強する子供は言われなくてもする。勉強するように子供に個室を与えても無駄。私の場合、子供一人にひとつの勉強部屋が与えられていたが無駄だったような?
中学の中間、期末テストでは、分かる問題は分かる、分からないものは考えても分からないと、いつも20~25分くらいで解答を済ませて、残りの時間は試験用紙の裏に飛行機の絵をいつも描いていた。
村全体の雰囲気は、勉強する人間は言わないでもするし、しない人間はいくら言ってもしない、で終わりだったかも?
私の村や一族では学校の成績と人間としての評価は何の関係もない。
いつも通信簿オール1だった叔父に私はいつも怒られている。それは今でも。
健康で素直なら仕事や将来は何とかなるというのが、特に女の子には基本の見方だったのかも知れない。
子供に、「勉強しろ!」というのは、「お前は頭が悪いから勉強しないと使い物にならないバカ」というように子供は潜在意識で親の言葉を受け取ることになる。
親が子供にあの手この手で構うのも同じことですね。「お前は一人では何も出来ないバカだから」という意識が子供の潜在意識の中に入る。
で、子供が自意識に目覚め始めたら、自己の中でもう一人の自分と葛藤が生じて二十歳を過ぎて鬱や引きこもりになることになる。
今日、電車の中で小さな子供とその親を比べて見ていたら、子供は親の性格や育て方半分、子供の過去世からの持ち越しの性質半分なんだろうな?と思ったね。親はその半分は関与できないから子供を自分の考えで締め付けない方が良いな。



PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne