忍者ブログ

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[937]  [936]  [935]  [934]  [933]  [932]  [931]  [930]  [929]  [928]  [927

小沢対前原

この国難の中で民主党の最初からのマニフェストの実行は日本破滅へ追いやるものだ。小沢は日本の財政をパンクさせ日本を破滅に追いやり中国からの支援を仰ぐ形にして日本を中国の属国にしようとしている。前原はアメリカ派だから小沢と前原が手を結ぶことは無い。小沢が前原を支持しないのは当然の帰結です。
沖縄にアメリカ軍がいなければどうなるか?日本に大震災が起きた時に、在日中国人の保護・救出のために中国軍がやって来る。国際法上、当然の行為であって誰も文句を言えない。本土で救出した中国人を一時沖縄に避難させる。一部はそこから中国へ帰還させるが、ある程度は沖縄にそのまま残し、沖縄の中国人の安全確保のためと言って中国軍はそのまま居座ることになる。そして沖縄は元々中国領であるので沖縄は中国の領土であると主張する。そして沖縄はチベット化する。
日本人は自衛隊があるではないかと言う人もいるかもしれないけれど、日本国憲法によって国際紛争に武力は行使しないとある。日本の自衛隊は憲法と法律によって何も出来ない。
ちなみに中国や北朝鮮の核爆弾を積んだ爆撃機が日本にやって来ても憲法によって打ち落とすことは出来ない。自分が撃たれた時に正当防衛として撃ち返すことが出来るだけ。その時は時すでに遅しです。核爆弾が落ちた後です。先に撃ったら自衛隊のそのパイロットは殺人罪で起訴されることになる。
日本人はそういう状況を理解しないで平和憲法護持を叫んでいる。誰が得をするか、中国と北朝鮮と小沢です。日本が中国の属領になると社民党は得をすると思いきや、お役ご免で馬鹿にされ無視されることになる。社民党党首は「こんなはずじゃなかった」と地団駄を踏むことになる。そういうことが分からないんだよな~、社民党は。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne