忍者ブログ

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1691]  [1690]  [1689]  [1688]  [1687]  [1686]  [1685]  [1684]  [1683]  [1682]  [1681

霊験あらたか

これ愛知県のある所のお話し(個人的な要素があるので具体的には書けない)。
江戸時代に生きていたある阿闍梨を記念してお地蔵さんを作って建てた。そのお地蔵さんが霊験あらたかだという評判が近所に立った。で、多くの人がそのお地蔵さんにお願いをしに来たと言う。
ある金持ちの家に置いていた大金が盗まれた。で、その家の主人がお地蔵さんに、「盗んだ人を動けなくしてください」とお願いした。そしたらその家の息子の身体が動けなくなった。息子は放蕩息子だったという。これ、実話だと言う。
いろいろ医者に行っても何年も子供が授からなかった夫婦がそのお地蔵さんにお願いしたらすぐに子を授かったと。「そして生まれたのが私です」とその人は言っていた。「今度の5月の勉強会の帰りにそのお地蔵さんを見に行こうよ!」と言ったら、
「(今更)いいよ~、子供のころは毎日拝んでいたから。縁結びの○○神社(その近くにある)に行った方が良いよ。村長さん、まだ遅くないよ!」と。「結婚なんて、もういいよ。結婚より死ぬ準備の方が大事な歳になっているんだから」と答えた。
私の友人にもいますね。そういう人が。結婚しても10年以上子供が授からなかった。いろんな医学的な努力はしたけれどダメだったと。確か、人の噂を聞いて滋賀県のどこかへお参りしたらすぐに女房が妊娠したと言っていたな。もう昔の話しだけど。
○○教義とは関係がないけど、そんな話しが今度の勉強会で聞けるかもよ~?
これも実話ですが、私のかつての上司で独立して会社を興していろいろ変遷があって、ここ10年、彼の会社は順調に伸びています。彼は、静岡県清水市のあるお寺の坊主が霊能者で会社経営についていろいろお伺いを立てて貰っています。で、会社を伸ばす代償として彼は女遊びをそのお坊さんによって封印された。で、出張先でいざ女遊びをしようとしても立たないのだという。「俺が乗るのは、今は車だけだ」といつもベンツに乗っている。念の働きというのはあるんですね。人に恨まれることをするとそのお返しはあるということですね。逆恨みというのもあるから、そういう場合はどうなるんだろう?私なんかは逆恨みされることがあるかも知れない。
陰徳を積まないといけないですね。何度も書いているように、見た目バレなくても細胞レベル、魂レベルではみんなバレているからそのお返しはあるということですね。
見える世界よりも、見えない世界の方が大きいということですね。ほとんどの人は見える世界しか信じていないけれど。だから、バレたら相手の家族に恨まれるようなことはしてはいけないのです。不倫も、「したいからしただけよ。何が悪いの?みんなしているじゃない。バレなければいいのよ」と多くの人は開き直っているんだろうな?
確かに、何かを得るには何かの代償を払わなくてはならないのは真理かも知れない。何も代償を払わずに楽しいこと、いいことだけを得ることは出来ないな。まあ後々、自分の予期せぬ形で代償を払わされることは多いだろうけど。原因を自分で作っていても自分ではそれが分からないから、「何で私がこんな目に遭わないといけないのか?」と運命を嘆くのかも知れないな?相手(または相手の家族)から、生き霊として恨みの念を送られて、病や入院が長引くということはあるかも知れないな?
私の目では見えていても、まずそれを口に出来ないね。言っても理解出来ないだろうし、逆恨みされるから。




PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne