忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長さん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

忍者アナライズ

[1787]  [1786]  [1785]  [1784]  [1783]  [1782]  [1781]  [1780]  [1779]  [1778]  [1777

北朝鮮情勢3

インターネット・ニュースを見る限り、かなりやばくなってきた。
アメリカがピン・ポイントで北朝鮮がミサイルを発射する直前にステルス戦闘機でミサイルを破壊する可能性も出てきたな。中国もピン・ポイントなら、やむなしとそれを認めざるを得ないだろう。そうなれば金正恩は持たないよ。中朝国境に中国軍が動いたようだし。数千人規模ならまだ様子見だな。数万単位になると現実が変わる。金正恩は歴史や地政学や戦略を勉強していないな。たとえ言葉だけだとしても、アメリカと戦争ごっこをしてはいけない。北朝鮮の軍部や国民から舐められないために、自分は強い、決断力があるということを内外に見せつけたいのだろうけど。攻める勇気と共に引く勇気をも持つという偉大なる領主様というプロパガンダをしようとしているのだろうか?
会社のトップに立ったり、独裁者になった時の恐怖感というのは普通の人には理解できないものですね。いつ寝首をかかれるか分からない恐怖感が出てくる。それが残虐性を生むんですね。
普通の人は、独裁者は自分勝手なことが出来て、美女をいっぱい侍らして贅沢三昧できて羨ましいと思うかも知れないけれど、一瞬たりとも心が安らぐことが出来ないのですよ。金正恩は恐怖感のまっただ中にいるのではなかろうか?それでも男は権力を持ちたがる。権力は蜜の味。
言葉がパラノイア的になってきているよね。陰謀説の枠を超えている。
二番目、三番目というのは、権力者が持つ恐怖感から、これまたいつ粛正されるか分からないからイエスマンになり切るんだな。歴史の法則だな。日本の首相ほど安全な権力者はいない。かの国では、大統領を辞めたら、殺されたり、自殺したり、逮捕されたりだもんな。
核を持った北朝鮮、海軍を持った中国、対応が相似形のような気がするな。




PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne